必ず失敗する悪い風俗店の例

いつまでお金を捨て続けますか?

デリヘル利用がある方なら一度や二度、失敗したこともあるかと思います。
私も最初のうちはそうでした。

もしかしたら、こんな事が理由で風俗遊びを辞めちゃった人もいるかもしれません。

  • めまぐるしく向上する写真修正の技術...そいつの名は「パネルマジック」通称「パネマジ」
  • 巧妙化していく風俗店の騙しの技術...
  • 増え続けていく飽和状態の風俗店、それにともない誕生する多種多様な風俗嬢...
  • そして低下していく風俗嬢のサービスの質...

複雑に絡んだ現代の風俗社会に鋭いメスを入れて、我々、遊ぶ側も武装していかないと、
かつての私のように失敗を繰り返してしまいます。

たしかに仲間大勢で風俗に行き、終わったあとの
「どうだった?報告会」は楽しいもんです。

やはり、その会話の中でひとりくらいは...
ハズレを引いたほうがおもしろいとも思います。

しかし、付き合いとはいえ自腹を切ってるわけですから
毎度毎度ハズレでは...(-_-;)
本当に癒しを求めてる人も大勢いるわけで
「今日は絶対にはずしたくない!」
そう思うときもあるはずです...

ぼったくりに関してもそうであって
それって、誰も幸せにならないんですよね...

良いものは良い、悪いものは悪い!(うまいもんはうまい から引用)

こんな事が当たり前であった、かつての風俗業界に戻す為にも
今、こうして読んでいただいている皆様に武装して頂きたいです。

ストレスのたまる現代社会において、わずか60分だけでもストレスを開放する為の風俗遊びのはずが
ここ数年では余計にストレスがたまる...という悪循環になっているよにうに感じます。

これでは、何の為に高いお金を払っているのか、わからなくないですか?

たしか本来、風俗というのは 性欲を満たすだけのものでなく
心をも満たしてくれるものであったと思います。

私が風俗遊びをはじめた10年くらい前までは、たしかそんなかんじでした。

とびきり可愛い女性、とびきり綺麗な女性は少なかったですが
風俗嬢達は皆、一生懸命に、献身的に接客をしていたように思います。

「風俗は究極の接客業である」
私は風俗嬢に対して...いやらしい、いかがわしい、汚い仕事...などの偏見はなく
風俗の仕事が出来る、しかも成績を残せる女性は人間的にも立派で
もし風俗を引退しても、どんな仕事でも出来る優秀なセールスレディだと思っています。


これに納得できるお店や嬢が昔に比べると、減ってきているかと思います。いったい、どこにあるの?という感じでしょう。

かつでの店舗型のお店、箱ヘルやソープなんかは
正直、顔面レベルが...という女性もいましたが、プレイで挽回してくれていました。

しかし
無店舗型、デリヘルに関しては年々レベルが下がってきているかと思います。
それは何故か?の原因もはっきりしていますので後述させて頂きます。


女性だけでなく...
お店のスタッフも横柄な感じのお店が、まだまだあります。
恐らくタバコを片手に足を組んで、肘をついて鼻くそでもほじりながら電話応対をしているんでしょう...

そんなお店が蔓延するなか、せめてそんなお店には引っ掛からないような防衛術を暴露していこうと思います。(^^)